■ 空母・戦艦: 米軍基地の中見たい人集合!
!!WARNING!!

このサイトは、基地の中を見たいけど見られない。

基地の中は、どうなっているのかな〜?

基地開放の時も、一部だけで居住区までは見せてくれません。

基地側もセキュリティの問題があってなかなか難しい。

そこで、このサイトは両者の間に入って日米親善に協力したいと思い立ち上げました。

しかし最初にお断りしておきます。

何箇所かの米軍基地の写真が出ますが、どこの基地で在るかは1部を除き公表しません。

また、コメントもあまり詳しく説明できない部分もありますが、

写真で楽しんでいただければと思います。

ゲートの中のアメリカを感じて楽しんでください。

軍事関係、米軍基地マニアの方向けのサイトではありませんので

あしからず。

それでは、
ようこそ米軍基地へ


★左上の「米軍基地見たい所リスト」のお好きな所からご覧下さい。★

空母ジョージ・ワシントンの撮影場所に困る。

s-P1040174.jpg
空母ジョージ・ワシントンを見たい人がたくさんいますが今のドッグは
とにかく撮影に向かない場所で困ってしまいます。
s-P1040176.jpg
空母キティ・ホークよりかなりデカイのですが同じドックに置いて
もらわないと大きさを比べられない・・・
ミリタリーショップ パラベラム

posted by navyboy at 19:48 | Comment(2) | ■ 空母・戦艦 | 更新情報をチェックする

空母ジョージワシントンpart3

s-P1040325.jpg
夕暮れのジョージワシントンです。
s-P1040323.jpg
なにかのセレモニーがあるのか、デッキに大きいテントが設置されている
s-P1040324.jpg
艦番73が電飾でとてもキレイです。
ミリタリーショップ パラベラム
posted by navyboy at 22:01 | Comment(0) | ■ 空母・戦艦 | 更新情報をチェックする

ステザム (ミサイル駆逐艦)

s-P1040322.jpg
ステザム (USS Stethem, DDG-63) は、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦。
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の13番艦。

1992年5月18日に建造が始まりミシシッピ州パスカグーラにあるリットン・インダストリーズのインガルス造船で1993年5月11日に起工、1994年6月17日に進水し、1994年7月16日にパトリシア・L・ステザム夫人によって命名された。

艦名のステザムは1985年のトランスワールド航空847便テロ事件で犯人に殺害されたロバート・ステザム二等水兵に因む。

その後ステザムはパナマ運河を通過し、1995年10月21日にカリフォルニア州ポートワイニーミで就役した。
続いて新しい母港のサンディエゴに移動する。

2009年01月現在、横須賀に配備中。ミサイル防衛対応艦船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ミリタリーショップ パラベラム
posted by navyboy at 17:56 | Comment(0) | ■ 空母・戦艦 | 更新情報をチェックする

マスティン (ミサイル駆逐艦)

s-P1040320.jpg
マスティン (USS Mustin, DDG-89) は、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦。
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の39番艦。
艦名は多くの海軍軍人を輩出したマスティン家にちなむ。その名を持つ艦としては2隻目である。
マスティンは、ステルス性を高めるため煙突を上部構造内に埋め込まれて建造された、最初のアーレイ・バーク級である。
s-P1040184.jpg


マスティンの建造契約は1998年3月6日にインガルス造船所に発注された。
2001年1月15日に起工、2001年12月12日に進水し、2003年7月26日に就役した。

2006年7月、マスティンは横須賀に配備された。ミサイル防衛対応艦船


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ミリタリーショップ パラベラム
posted by navyboy at 17:46 | Comment(0) | ■ 空母・戦艦 | 更新情報をチェックする

ベストポジション!戦艦ブルーリッジ!

s-P1040195.jpg
空母キティーホークのいたドックに空母ジョージ・ワシントンが入らずに
ブルーリッジが入ってしまった。
ブルーリッジはベストポジションになったが、おかげでジョージ・ワシントンはどうも撮影に適さないドックになってしまった。
なぜだかは、不明だが今後移動してくれる事を期待したい。

ミリタリーショップ パラベラム
posted by navyboy at 13:17 | Comment(0) | ■ 空母・戦艦 | 更新情報をチェックする

空母ジョージワシントンpart2

s-DSC05273.jpg
この位置からは中々良い写真が撮りづらい。
s-DSC05272.jpg
前のキティーホークと同じドックに移動してくれると良いのだが・・・
s-DSC05268.jpg
細切れの写真ですみません。
s-DSC05265.jpg
引き続き良い写真が撮れたらアップしますのでおたのしみに。
ちなみに私は、基地一般開放日にはあまり行きません。

ミリタリーショップ パラベラム
posted by navyboy at 00:07 | Comment(1) | ■ 空母・戦艦 | 更新情報をチェックする

原子力空母ジョージワシントン

s-DSC05271.jpg
お待たせしました。空母ジョージワシントンです。
キティーホークとドックの場所が違うので比較写真が撮れませんでしたが
とにかくデカイ!!デカ過ぎてなかなか全景が撮れません。
s-DSC05267.jpg
2008年4月7日、ワシントンは第17空母航空団 (Carrier Air Wing 17, CVW-17) および第8空母打撃群 (Carrier Strike Group 8, CSG-8) と共にノーフォークを出航し、南米を回ってキティホーク (USS Kitty Hawk, CV-63) とその任務を交代するため横須賀基地に向かった。

この巡航中、ワシントン戦闘集団はアメリカ南方軍による同盟諸国との演習に参加した。アメリカ海軍はブラジル海軍およびアルゼンチン海軍との共同作戦を実施した。4月22日、ブラジルのリオデジャネイロを初めて訪問した。

ワシントンがキティホークと任務を交代すると共に、第17空母航空団と第8空母打撃群は本国に帰還、厚木を拠点とする第5空母航空団と横須賀を拠点とする第5空母打撃群がその任を引き継ぐ。ジョージ・ワシントンは米国外の基地を母港とする初の原子力空母となる。アメリカ海軍は日本国民に対してその任務を説明するために、「CVN-73」と題されたマンガ冊子を発行した。
横須賀に入港したワシントン

2008年5月22日の午前8時前、中南米を航行中にエアコンや冷蔵施設、予備ボイラー室がある船尾の一角で火災が発生。1名がやけどを負い、23名が長時間の消火作業により熱中症となった。原子炉の安全性には問題は無く、数時間後に乗組員によって鎮火された。ワシントンは5月27日にサンディエゴに入港、火災による損害の評価が行われた。原因は、適切な管理が為されていなかった油脂類にタバコの火が引火したものであり、ケーブル類に延焼したため鎮火に手間取ったとされている。7月 30日には、この火災の監督責任を問い、艦長であったダイコフ大佐が更迭された。

この火災事故の影響により、当初6月上旬のハワイにおけるキティホークとの交代式の実施、7月末までのハワイ沖における環太平洋合同演習(リムパック2008)への参加、8月19日に横須賀入港・配備予定が延期となる。

修理を終えたジョージ・ワシントンは、8月21日(現地時間)にサンディエゴを出港し、キティホークとの交代式のためハワイに向かった。 9月25日朝横須賀基地に入港し、同基地を事実上の母港として配備された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

ミリタリーショップ パラベラム
posted by navyboy at 20:02 | Comment(2) | ■ 空母・戦艦 | 更新情報をチェックする

さらばキティーホーク!

s-P1000646.jpg

s-P1000661.jpg

s-P1000667.jpg

キティホークはフォレスタル級航空母艦4番艦インディペンデンスに代わって唯一のアメリカ本土以外を母港とする空母となるために1998年7月6日にサンディエゴを出航した。
厚木基地を拠点とする第5空母航空団 (Carrier Air Wing (CVW) 5) が歓迎のために着艦し、8月11日に新たな母港の横須賀基地に到着した(横須賀配備の空母としては3代目)。

インディペンデンスは1998年9月30日に退役し、キティホークはアメリカ海軍において2番目の古参艦となり、ファースト・ネイビー・ジャックの掲揚が認められた。

2001年のアフガニスタンに対する対テロ戦争では3分の1に満たない数の艦載機でパキスタン沖の北アラビア海に進出。
アメリカ陸軍特殊部隊(デルタフォース)の支援のため陸軍の特殊作戦ヘリコプターを搭載。この作戦の詳細は一切公表されていないため謎に包まれている。

2003年、横須賀基地において大規模修理。空母で初めてRAMを搭載。

2007年10月26日 北海道室蘭港崎守埠頭(さきもりふとう)に寄港。来年の退役を前に、道内最後の一般公開が催された。

2008年に退役し、ニミッツ級原子力空母6番艦ジョージ・ワシントンと交代する予定。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
posted by navyboy at 00:10 | ☁ | Comment(0) | ■ 空母・戦艦 | 更新情報をチェックする

ブルーリッジ

s-P1010430.jpg


s-P1010419.jpg

艦歴
ブルー・リッジはフィラデルフィア海軍工廠で1970年11月14日に就役した。海軍の指揮統制機能を持つ同艦は200名を越える士官および1,200名以上の兵員が生活でき、小さな町と同等の機能を有する。

1971年から1979年までブルー・リッジはカリフォルニア州サンディエゴを母港とし西太平洋に展開した。ベトナム戦争中の1975年のサイゴン撤退では多くの功績を挙げた。

1979年10月以来ブルー・リッジは第7艦隊旗艦として神奈川県の横須賀港を母港としている。ブルー・リッジは毎年西太平洋およびインド洋での訓練演習に参加している。同艦は湾岸戦争時、砂漠の盾作戦および砂漠の嵐作戦に旗艦として9ヶ月半参加した。

ブルー・リッジはしばしば日本、香港、シンガポール、インドネシア、マレーシア、タイおよびオーストラリアを含む西太平洋およびインド洋の港を訪問している。1989年と2004年には中国の上海を訪れた。また1996年と2003・2006年にはロシアのウラジオストクを訪問している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
posted by navyboy at 21:32 | ☁ | Comment(0) | ■ 空母・戦艦 | 更新情報をチェックする


TOPへ戻る!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。