SH-3 シーキング: 米軍基地の中見たい人集合!
!!WARNING!!

このサイトは、基地の中を見たいけど見られない。

基地の中は、どうなっているのかな〜?

基地開放の時も、一部だけで居住区までは見せてくれません。

基地側もセキュリティの問題があってなかなか難しい。

そこで、このサイトは両者の間に入って日米親善に協力したいと思い立ち上げました。

しかし最初にお断りしておきます。

何箇所かの米軍基地の写真が出ますが、どこの基地で在るかは1部を除き公表しません。

また、コメントもあまり詳しく説明できない部分もありますが、

写真で楽しんでいただければと思います。

ゲートの中のアメリカを感じて楽しんでください。

軍事関係、米軍基地マニアの方向けのサイトではありませんので

あしからず。

それでは、
ようこそ米軍基地へ


★左上の「米軍基地見たい所リスト」のお好きな所からご覧下さい。★

SH-3 シーキング

s-P1020713.jpg
シコルスキー S-61 (Sikorsky S-61) は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、シコルスキー・エアクラフト社が開発した双発タービンエンジンの大型ヘリコプター。
S-61 はシコルスキー社内での呼び名で、各国軍では別の名称を使用している。
アメリカ海軍が使用していた対潜ヘリコプター HSS-1(S-58/SH-34)の後継機として計画された。
試作機のXHSS-2が1959年3月11日に初飛行。
吊り下げ式のディッピングソーナーやソノブイ投下システムなどを装備している。
キャビンは対潜機器が装備できるように大型であり、対潜機器を外すと輸送ヘリとしても十分使用できるようになっていた。
HSS-2 シーキングは、1962年にH-3 シーキングと改名され、SH-3 シーキングがアメリカ海軍で運用が始められた。
アメリカ海兵隊の大統領専用機VH-3 マリーンワンとしても使用されている。
シコルスキー社はすぐさま商業モデルの開発に動き出した。
貨物や乗客の搭載量を確保するため、H-3の機体を1.27メートル延長した。フロートスタビライザーを省略し、降着装置の修正を行った。
S-61Lと命名され、1961年11月2日に初飛行し、1962年3月1日にはロサンゼルス・エアウェイズが採用した。
民間向けにも水上での運用に最適化したS-61Nも開発され、H-3のフロートを装備した。
1962年8月7日に初飛行。S-61LとS-61Nは、ジェネラル・エレクトリック製T58-GE-8Bエンジンを搭載していたが、CT58-140にアップグレードしたMk IIも開発された。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ミリタリーショップ パラベラム
posted by navyboy at 19:01 | Comment(0) | ■ 戦闘機 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


TOPへ戻る!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。